eveconbu.com
tobn7000149.gif
出展者、来場者、イベント関連企業と一般ユーザーをダイレクトにつなぐ総合エンタテイメント情報サイト

« 大雄山最乗寺大祭 | メイン | 第15回 東京国際キルトフェスティバル »

テスト記事

みずから求めてしている恋愛の苦は昔もこのごろも変わらない源氏であるが、ほかから受け る忍びがたい圧迫が近ごろになってますます加わるばかりであったから、心細くて、人間の生 活というものからのがれたい欲求も起こるが、さてそうもならない絆は幾つもあった。
 麗景殿の女御といわれた方は皇子女もなくて、院がお崩れになって以後はまったくたよりな い身の上になっているのであるが、源氏の君の好意で生活はしていた。この人の妹の三の君と 源氏は若い時代に恋愛をした。例の性格から関係を絶つこともなく、また夫人として待遇する こともなしにまれまれ通っているのである。女としては煩悶をすることの多い境遇である。物 哀れな心持ちになっているこのごろの源氏は、急にその人を訪うてやりたくなった心はおさえ きれないほどのものだったから、五月雨の珍しい晴れ間に行った。目だたない人数を従えて、 ことさら簡素なふうをして出かけたのである。中川辺を通って行くと、小さいながら庭木の繁 りようなどのおもしろく見える家で、よい音のする琴を和琴に合わせて派手に弾く音がした。 源氏はちょっと心が惹かれて、往来にも近い建物のことであるから、なおよく聞こうと、少し からだを車から出してながめて見ると、その家の大木の桂の葉のにおいが風に送られて来て、 加茂の祭りのころが思われた。なんとなく好奇心の惹かれる家であると思って、考えてみると、
361
それはただ一度だけ来たことのある女の家であった。長く省みなかった自分が訪ねて行っても、 もう忘れているかもしれないがなどと思いながらも、通り過ぎる気にはなれないで、じっとそ の家を見ている時に杜鵑が啼いて通った。源氏に何事かを促すようであったから、車を引き返 させて、こんな役に馴れた惟光を使いにやった。